警察はアテにしないこと

インターネットの中には、出会い系サイトを使った悪質な詐欺サイトのようなところがあります。
ですが、こういった悪質なサイトのすべてが犯罪であるのかというと、それは微妙なところになります。
架空請求の場合には、まったく利用をしたこともないものについて請求が来ているので、これは犯罪といえるでしょう。
しかし、出会い系サイトを使っていてポイントを利用して、後から請求を受けたという場合、これはどうなるでしょうか。

法的な支払い義務がないといっても、サイトのほうが犯罪であるのかというと微妙なところになってしまいます。
実際、こういったケースに対して警察が動くということはほぼないかと思います。
社会的に話題となり大きな問題としてとらえられている振り込め詐欺などには、警察も本気になって動いているようです。
そこから相手を特定して口座を凍結するなどの処置に出ることもあります。
ですが、出会い系サイトの場合にはまったく支払いをしていないのであれば、無視をしていればいいとアドバイスを受けるだけで終わってしまうこともあるのだとか。

警察としては、悪質サイトの被害については、もともとサイトを使おうと思ったほうが悪いというような考えがあるのかもしれません。
まったく無視されるというわけではありませんが、そこから具体的に何か対策をしてくれるということはないでしょう。
相談をするための場所としては、他に消費者生活センターがあります。
ここでも相談をするときに、被害届けを出しておいたほう有利になりますので、お金の被害があった場合には被害届けを出すようにしましょう。
サイトを使っていて女性のサクラに騙されてしまい、そのサクラに対して数十万円を使わされてしまった、というようなものも被害となりますね。
出会い系サイトにはこれ以外にも様々な手法がありますが、それに引っかかってしまいお金を失ってしまう人は後をたちません。
警察は決してあてにはできませんが、親身に相談に乗ってもらえるという点では、使う価値があるかもしれません。